お神輿担ぐなら粋に決めたいですね。今回はおすすめのスタイルを紹介します。

基本的には町会の半纏を着用して帯をしめてください(半纏と帯は貸し出しします)。シャツは板前さんが着ている【鯉口(こいくち)】がいいですね。ボトムスの【股引(ももひき)】は鯉口と柄を合わせてもいいし、藍染や黒、白でもグッド。

そしてできるだけ【地下足袋(ぢかたび)】を履いてください。サンダルだと後ろの人に踏まれるから。地下足袋は衣装の色が薄い白などには白を。 藍染めや濃い色の股引などには紺や黒の足袋を合わせるのが粋です。 エア入で疲れにくいものあります。

ほかにも寅さん風の【ダボ(だぼ)】上下っていうのもあるし、【腹掛(はらがけ)】もいい。【6尺褌(ろくしゃくふんどし)】もチャレンジか!

近くでは青梅街道の野村ビル前あたりにある「中村屋」さんという作業着屋さんで数多く取り扱っています。いろいろ教えてくれるので行ってみてください。神輿のメッカ浅草仲見世にもお店はたくさんあります。一年に一度しか着ないけど、何十年も着られるのでぜひ用意しましょう。もちろん子ども用も売っています。この週末チェックしてみて!

サイズがあえば少しはお貸しできるものもあります。神酒所で問い合わせてみてください。江戸の祭だからね、粋に行こう!


IMG_1768IMG_1794DSC_9074poster_2018

小淀東町会はどこからどこまでか。 簡単に言うと、提灯の飾ってある範囲です。 南北はライオンズマンションから大久保通りまで。西側は基本的に小淀東通り沿い。東側は川までの路地すべて。

今は住宅とマンションが目立つ静かな小淀東通りですが、以前はにぎやかな商店街でした。小淀ホームの場所には市場もありました。ライオンズマンションはヒロタのシュークリーム工場でしたね。また、もっと昔は神田川の水を活かした着物産業のさかんな地域だったそうです。まだなごりのある場所もあります。たとえばプラウド隣の前町会長宅「大竹湯のし店」は代々続いた着物の染み抜き屋さんです。ほか詳しくはおまつりで浴衣を着た町会の長老たちに聞いてみてください。

さて、おまつりの準備を進めているのは、主に町会役員、女性部、小和会(青年部)などで組織される祭礼委員会です。当日は売店や御神輿で走り回ってると思います。もし興味あれば声かけてください。一緒にやりましょう! 声援も受け付けます!!(さ)

IMG_3097IMG_3098poster_2018 

恒例の小淀売店。まずは子ども広場から。
いつも通りスーパーボールとヨーヨーすくい。大好きキャラクターのくじもあります。もちろんソースせんべいや輪投げも。
【各100円】今年はダスキンの横に大きなテントを設置予定。もし雨が降っても大丈夫!

続いてフードコート。
今年のメニューを紹介します。※変更する場合もあります。
ヤキソバ150円/フランクフルト150円/生ビール300円/ピロシキ150円/お好み焼き150円/ソースせんべい100円/かき氷100円/ラムネ100円

▶︎看板メニューのヤキソバは、長年の研究でこだわりぬいた小淀東町会自慢の一品。麺をふんわり焼き上げ、たとえ冷めてもおいしさが持続。二日連続でも食べたくなる。てやんでぃ!! コヨドヤキソバ!

▶︎これも定番「手作りピロシキ」。町会の人がシェフを務める東中野ロシア料理レストラン「コ.トゥ.タモ.ペヴァ」の大人気メニュー。おまつりでは「小淀東スペシャルエディション」を販売。お店もどうぞよろしくお願いします。「コ.トゥ.タモ.ペヴァ」そろそろ名前覚えてっ!

▶︎お好み焼きは最近の新メニュー。関西出身の町会役員が開発したスペシャルお好み。ホントうまいさかい、よう食うたってねん!(あれ?)

▶︎もちろんビールは本格サーバによる生ビール。キリン本社直伝の注ぎ方でどうぞ。先輩、ごちそうさま!

というわけで1日中いても飽きないのが「小淀売店」 。ダスキン前で両日11時〜17時くらい。売り切れたらおしまい! とにかくみなさん来てください!!

まだまだ続くよ、おまつり情報!
(さ)

poster_2018 

↑このページのトップヘ