お神輿担ぐなら粋に決めたいですね。今回はおすすめのスタイルを紹介します。

基本的には町会の半纏を着用して帯をしめてください(半纏と帯は貸し出しします)。シャツは板前さんが着ている【鯉口(こいくち)】がいいですね。ボトムスの【股引(ももひき)】は鯉口と柄を合わせてもいいし、藍染や黒、白でもグッド。

そしてできるだけ【地下足袋(ぢかたび)】を履いてください。サンダルだと後ろの人に踏まれるから。地下足袋は衣装の色が薄い白などには白を。 藍染めや濃い色の股引などには紺や黒の足袋を合わせるのが粋です。 エア入で疲れにくいものあります。

ほかにも寅さん風の【ダボ(だぼ)】上下っていうのもあるし、【腹掛(はらがけ)】もいい。【6尺褌(ろくしゃくふんどし)】もチャレンジか!

近くでは青梅街道の野村ビル前あたりにある「中村屋」さんという作業着屋さんで数多く取り扱っています。いろいろ教えてくれるので行ってみてください。神輿のメッカ浅草仲見世にもお店はたくさんあります。一年に一度しか着ないけど、何十年も着られるのでぜひ用意しましょう。もちろん子ども用も売っています。この週末チェックしてみて!

サイズがあえば少しはお貸しできるものもあります。神酒所で問い合わせてみてください。江戸の祭だからね、粋に行こう!


IMG_1768IMG_1794DSC_9074poster_2018