カテゴリ:おまつり > 2015年おまつり

神酒所も片付き、提灯も外れて、いつもの町内に戻りました。やはり祭の後は寂しいですね。早くも来年の祭が待ち遠しいです。

子ども神輿・山車、大人神輿氷川神社渡御、売店。すべて大成功に終わりました。多くの皆様のご協力に深く感謝申し上げます。



次回予告)10月25日東部地区運動会
初優勝を狙います!

昨日はたくさんのご参加ありがとうございました。さぁ本日が最終日です。

11時〜子ども神輿・山車町内渡御
13時〜大人神輿氷川神社渡御
売店は11時〜17時

お神輿で一本締め[いっぽんじめ]と言われたら「パパパン、パパパン、パパパン、パン」です。10回手を打つので十締め[とおじめ]とも呼ばれます。「一本締めます」「一本で」という時もすべてこれ。そして3本締めはそれを3度続けてやります。

それに対し「パン」と一度だけ打つのは「一丁締め」とか「関東一本締め」と言います。静かな場所でやることが多いです。





神酒所[みきしょ]の設営。レジデンシャル前です。
写真はまだ途中ですが、この奥に神棚と神輿が並びます。
町会の高針提灯[たかばりちょうちん]に竹笹も設置。
この神酒所が小淀東町会のおまつりの中心になります。
当日の奉納[ほうのう]の受付や半纏貸出もこちらへお願いいたします。





























1961年から使われている灰皿発見。
50年以上前!




























雨の心配もなくなってきましたね。
明日売店は11時〜17時予定。
子ども神輿と山車は13時出発。
たくさんの参加をお待ちしています。
 


祭スタイルの最後は半纏[はんてん]と帯[おび]について。
御神輿を担ぐ時は基本的には小淀東町会の半纏を着てください。
(一部近隣町会のお手伝いなど、違う半纏も可)
レンタル半纏は神酒所にてお貸しします。早めにおいでください。
ただし半纏がないとダメってわけではありません。お気軽に参加してくださいね。

もし自分の半纏が欲しい人いたら役員などに相談してください。
それなりに枚数が集まれば来年のために発注できるかもしれません。
毎年使うものだから自分の半纏もいいものですよ。1〜2万円ですが、一生どころか代々使えるから。

つづいて帯。
帯はレンタル半纏に付属されていますが、これもマイ帯はおすすめ。 
角帯[かくおび] の場合、貝の口[かいのくち] という結び方が一般的です。
男性の着物帯と同じ結び方です。
結び目を後ろに回したときに真ん中より少しずらすのが粋。
ほかに神田結び(職人結び)や片結び(浪人結び)などあります。
結び方を説明したいところですが、当日詳しそうな人に聞くか、調べてみてください。
巻き帯[まきおび]というのも便利です。晒[さらし]でもかまいません。
グルグル巻いていくだけで、最後に前を細くしぼってお尻側は大きめにすると格好いい。

いろいろ駆け足できましたけど
いよいよですねぇ。(お祭り毎年やってるのに、なぜか高ぶる!) 

次は直前情報! 出店の詳細なんか更新しますね〜。
わっしょい! 

↑このページのトップヘ